本ブログと 「教育熱心のツボ」 のサイト内検索です 
小学校受験関連記事の検索にご利用ください
カスタム検索

ホームページもご覧ください
「教育熱心のツボ」 http://www.kandanozomi.com

「お受験お助けサービス」大好評!
「A:願書・面接に説得力を!」    NEW! 「B:神田式小学校受験準備計画表2010年受験用」
「C:保護者の面接想定111問」   「D:子どもの面接想定111問」



2005年06月24日

運動テスト用の練習

前述のとおり、運動テストでは難しい運動技量を要求することは無く、5,6歳児が一般的な生活の中で経験し、健康であれば獲得しているはずの運動能力をチェックされます。
(「運動テストの意味」http://gokaku.seesaa.net/category/455877.html

日常生活では、通常、幼稚園や保育園で身体を目いっぱい動かしていることと思いますが、週末などに家庭でも親子の遊びで運動を取り入れると良いと思います。
これも「受験のための準備」と考えると重苦しくなるかもしれませんので、親子で楽しむ遊びに一工夫すれば良いのです。
母親は勿論ですが、父親が主導権を握って参加できる良いチャンスかもしれません。
以下は例です。

<ボール遊び>
・ 親子向かい合わせに立ち、頭上で両手でボールを持ち、相手の頭の上に届くように投げる。
・ 親子向かい合わせに立ち、片手で下手投げで相手に届くように投げる。
・ 親子で向かい合わせに立ち、胸の位置からボールが相手にワンバウンドで届くように投げる。次第に距離を開けていき、最終的には間の距離が4メートルくらいになるまで。同様に2バウンドでも行なう。
・ ひとりで立ち、ボールを利き手で地面につく競争。親子でどちらが長く続くか競争。
・ ペットボトル(使用済みのものに水を入れて)6本を配置し、ジグザグにバスケットボールのドリブルの要領で往復。ペットボトルを倒さないように。できるようになったらタイムを計って競争。
・ サッカーのドリブルのように足でボールを蹴りながら進み、親子でパスしあう。(広い公園が良い)

<バランス>

・ コンクリート地面にチョークで一本線を引き、サーカスの綱渡りのつもりで線上を歩く。
・ 公園の植え込みの囲いの上(幅15センチほどのコンクリートまたはブロックのもの)を、平均台に見立てて歩く。

他にもありますのでまた書くことにします。

★成功要因★
週末にボール遊びなど、親子で楽しみながら運動に親しむ。
心は受験に縛られず解放的に!


1週間の経つのは本当に早いものです。
日々アクセスしてくださることを励みに書いていますが、受験を控えた皆様の何かお役に立てることがあれば幸いです。
よろしければ、今日も 人気投票をここから お願いします。
posted by トラネコ at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

運動テストの意味

運動能力を見るテストを実施する学校もあります。
年齢相応の運動能力が発達しているか、を見ることが目的です。
健康に成長していれば普通にできることができるか、ということですから、出来ない場合は健康でないか、普段運動遊びをしていないか、ということとも考えられます。
つまり、学校は、健康な子供か、普通に身体を動かすことを楽しむ生活をしているか、をチェックしたいのだと思われます。

小学校入試でのポイントは三つあると思います。
@ 自分の体を使った動きを、自由に表現できる。
A 運動器具を正しく使うことができる。
B 指示に従ってきちんと行動することができる。

自分の体を使った動きを自由に表現できる、ということは、頭でこうしよう、と考えたことが身体で実行できるということです。
例えば、ケンパーをしようと思ったときに、足の開閉をしながら跳べるというようなことです。
連例相応の能力があれば可能です。

運動器具を正しく使えるということは、例えばボールをつくことが出来るのはボールを正しい位置で手に当てて力を入れているからです。
縄跳びができるのはきちんと縄を手で回しているからです。

また、器具を使うときは、マナーもあります。
・ボールが他の人に当たらないようにする、当たった場合はすぐに大丈夫か確認して謝る。
・縄跳びは人に縄が当たらない距離を確保してから跳ぶ。
といったことです。
これらのことは経験が無いとできません。

指示に従ってきちんとと行動できることは、「こうしましょう」「こうしてください」という指示を正確に理解し、行動に移すことができれば良いということです。
キビキビとした動きができれば尚良いでしょう。
これは来るべき学校生活のあらゆるシーンで重要なことです。

学校は、特別に難しい運動技量を要求しているわけでは無いと思います。
バスケットボールのカゴにボールをシュートせよと言っているわけではないのです。
健康に、5−6歳の子供が通常遊ぶような運動をし、先生の言うことをしっかり理解できれば良いということです。
恐れることは何もありません。

★成功要因★
運動テストの目的は 年齢相応の運動能力があるかということを見ることである。
健康的に身体を動かす生活を普段から心がける。


今日もアクセスありがとうございます!
毎日恐縮ですが、ランキングにココをクリック して投票していただければ嬉しく思います。
どうぞ宜しくお願い致します!
posted by トラネコ at 05:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 運動テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。